スタバで最も深煎り「フレンチロースト」の特徴やおすすめの飲み方ご紹介

スターバックスのコーヒー豆は数多くあり、それぞれ特徴的な風味があります。

その中でも一段と強い特徴のあるコーヒーが「フレンチロースト」です。

このフレンチプレスはスターバックスのコーヒーの中では最も深煎りのコーヒーで酸味・コクがほとんど感じられず、純粋な力強さやスモーキーさを感じることが出来るコーヒーです。

フレンチローストの特徴

高温でのローストに耐えられる質の高い豆を選りすぐり、ぎりぎりまでローストしたスターバックスで最も深煎りの、強烈なスモーキーさが特徴のブレンド コーヒーです。

スターバックス公式サイトより

フレンチローストの特徴は何といっても「スモーキー感」です。

ブラジル産のお豆を高温で焦げるギリギリまで焙煎しており、どことなくリオ臭のような風味(個人の感想です。)があり、煙を凝縮し液体化したようなピュアで力強いスモーキーさを感じられます。

キーワードINTENSE(力強い)・SMOKEY(スモーキーさ)
生産地ブラジル
風味コク:LIGHT・酸味:LOW
加工法水洗式
相性の良いフレーバー煎ったナッツ・ローストした野菜・カラメル

 

【直訳】

油で落ち着くと、タンブリング豆は不気味に静かになります。 マスターロースターは、1秒以上押しすぎると炎上することを知って監視します。 輝く豆が黒檀に変わると、白い煙が垂れ下がります。 これはフレンチローストで、暗く焼くことはできません。 明快で酸味が少なく、酸味が少なく、1971年以来絶大な人気を誇る、私たちの最も暗いローストは、その強烈な煙が大好きです

※Google翻訳から

1971年に登場したフレンチローストは熟練の焙煎士の監視の上で焦げる直前まで焙煎しており、酸味・コクはほとんど感じられず、焦げの風味とは違う深いたばこや葉巻を思わせるような風味を持っています。

おすすめはアイスアメリカーノ!

フレンチローストはピュアで力強いスモーキーさが特徴的なコーヒーです。

このスモーキーさを最大限に引き出すには直火式エスプレッソで淹れたフレンチローストを氷を敷き詰めたグラスに注いで飲む方法がオススメです。

直火式エスプレッソマシンで抽出することによってスモーキーさに直火式エスプレッソ特有の香ばしさが加わりより一層力強いコーヒーが楽しめます。

コアなファンが多いコーヒー

今回はスターバックスのフレンチローストについてご紹介しました。

フレンチローストは特徴的な風味があるため、あまり万人受けするコーヒーではありませんが、好きな人はとことん好きになるコーヒーでもあります。

そんなフレンチローストをぜひ一度お試しください。

最新情報をチェックしよう!