コーヒー好きなら買って損無し!直火式コーヒーメーカ「ビアレッティ“モカエキスプレス”」

エスプレッソ大国イタリアで一家に1台あると言われているコーヒーメーカーをご存じですか?

その名もビアレッティ“モカエキスプレス”です。

髭おじさんがトレードマークの可愛らしいデザインのコーヒーメーカの魅力を今回はたっぷりとご紹介します。

BIALETTI(ビアレッティ)とは?

ビアレッティはアルフォンソ・ビアレッティによって1919年にイタリア・ピエモンテ州オメーニアに設立されました。

ビアレッティ社を一躍有名にしたのが1933年のモカエキスプレスの登場です。

当時はまだエスプレッソは外で飲む飲み物であり、男性社会であった当時のイタリアでエスプレッソの味を知る女性は少なかったと言われています。

そんな中でビアレッティ社によって作られた家庭用エスプレッソマシン“モカエキスプレス”の登場によって家庭でもエスプレッソに似た味わいのコーヒーを淹れることが出来るようになりました。

モカエキスプレスのモデルは洗濯機!?

実はモカエキスプレスは当時のイタリアで使われていた洗濯機をモデルとして作られました。

当時の洗濯機は下面に水を入れ、火に掛けるという一風変わった方法で選択をしていました。

これをコーヒーメーカーに応用したのがモカエキスプレスです。

洗練された特徴的なデザインは発売以来80年以上もその基本的な形は変わっていません。

モカエキスプレス

モカエキスプレスはマキネッタ(ラテン語で“小さなエスプレッソマシン”)と呼ばれることもあり、「エスプレッソ未満フレンチプレス以上」くらいの濃さのコーヒーを抽出することが可能です。

しっかりとした濃さのコーヒーを抽出できるため、そのまま飲むのは勿論のこと、アメリカーノ風にしたりミルクと混ぜてもコーヒーの味が負けることはありません。

使用するお豆はエスプレッソで使うような深煎りでコクが強めのものがオススメです。

サイズは1杯用から18杯用までありますが、これはデミタスカップでの表記ですので、思いのほか少なく感じられると思います。自宅で使う場合は2~3杯用がオススメです!

ミルクフローサーでラテやカプチーノも!

ビアレッティ モカエキスプレスを購入したら是非とも一緒に持っておきたい物が「ミルクフローサー」です。

ミルクフローサーはミルクを泡立てることが出来るもので、ボタン操作一つでできるものから、手動で泡立てることが出来るものまであります。

【自動式ミルクフローサー】

メリット

  • 泡立ての手間が省ける
  • 温めと泡立てが同時にできる
  • 初心者でも高品質の泡が立てられる

デメリット

  • 値段が高い
  • 自分好みの泡が立てられるとは限らない

自動式のミルクフローサーはボタン操作一つで攪拌をし自動で終了してくれる機能が付いているため、誰でも簡単に本格的なフォームミルクを作ることが出来ます。

また、ミルクの温めと攪拌の同時進行が可能であり、短い時間でラテやカプチーノの作成が可能になります。

しかし、その反面値段が高くなる傾向があります。手動式のミルクフローサーは安いものは1,000円以下から高くても3,000円程度で購入することが出来ますが、自動式のミルクフローサーは10,000円近くする物が殆どです。

更にミルクを泡立てる角度や時間が固定されているため、好みの泡を立てることは難しくなります。

【手動式ミルクフローサー】

メリット

  • 値段がお手頃
  • 泡立てる角度や時間の調節が可能
  • コンパクトで持ち運びが便利

デメリット

  • 温めと泡立てを同時にできない
  • 均質な泡立てにはコツが必要

手動式の一番のメリットは泡立て加減を自分好みに変えることが出来るという点です。

ラテの場合には泡を少なめにしたり、逆にカプチーノの場合にはたくさんの泡を立てたりと作るドリンクやその時の気分によって色々試すことが出来ます。

また、価格も非常にお手頃であり2,000円以下でもたくさんの種類の中から選ぶことが出来ます。(運が良ければ100円ショップで見つかるかも…)

しかし、泡立てる際にはことも必要であり、思い描くフォームが作れるようになるには少々練習が必要ですが、使っていくうちに上達が感じられるので、日々のドリンク作成が少し楽しく感じられます。

まとめ

今回はビアレッティのモカエキスプレスについてご紹介しました。

モカエキスプレスはエスプレッソマシンよりもかなりお手軽な値段でありながら、簡単にエスプレッソが抽出できるため、1台あるだけでドリンクのレパートリーも増え、おうちカフェが充実すること間違いなしです。

また、危険ですが抽出中に蓋を開けるとコーヒーが下から上がってくる様子を観察することができ、視覚的にも楽しむことが出来ます。(熱いコーヒーか飛び散る場合があるので自己責任で!)

最新情報をチェックしよう!